ブラウザ

Winで使ってたFirefoxが使用不可に・・・

使えなくなったのは、ThinkCentreで使ってた方。アカウントが複数あるうちの僕のアカウントで使えなくなったのだけど、僕だけなのかもしれない。そうでなかったら、はろがメインで使いまわしてるのがFirefoxなので、ちょっと問題なんだけど。

なんだかねー、一度アンインストールして再インストールしても僕は使えない状態なので、どこか設定系に残されたファイルがあって、それが悪さしてるのかもしれない。それがどこなのかは追跡できてないんだけど、はろが「使えない」と言い出したら、ちょっと本気出すw

Vivaldi

久方ぶりのブランニューブラウザ。とは言うものの、エンジンはChromiumなので、そういう意味では新鮮味はない、と言い切っていいかもしれない。

軽く使ってみた。最初に色味とタブ位置とバック画像を選ぶ。あとで選びなおせるかもしれないけど、「重要だ」と言われる。タブ位置のカスタマイズは新鮮と言えば新鮮だけど、横に置くと表示エリアがかなり削られるので、結局上か下に配置するしかない。そうなると他のブラウザに対する優位性はあまり感じられない。

スピードダイアルとか、Operaに近いのかな。しかし、今やOperaもChromiumベースだから、差別化にはなってないような気がする。WinでもMacでも用意されているけど、それも今となっては普通だ。結果、先行するブラウザを置き換えるのは難しい。インポートも用意されてるけど、一番使ってるSleipnirは出てこないので、僕としては、わざわざ乗り換える感じじゃないかな、ってところだね。

iOS版Firefox

Win版も、OSX版も、最近のバージョンはSleipnirよりも軽いので、ここのところ出番が多いFirefox。ChromeもSafariもそうだったけど、一時期、ブックマークをSyncすると、そのうち同じブックマークが勝手に増殖してえらいことになったもんだけど、最近はその辺もだんだん解決してるようで、そういう意味でもSleipnirの優位性は、僕の中ではやや揺らいでいる。

そんなFirefoxの最大の弱点が、iOS版が存在しなかったこと。ブラウザ周りをAppleが解放したのはだいぶ前のことだけど、他の名のあるブラウザがiOSに進出しても、Firefoxだけは出てこなかったのだが、やっとというか、ついにというか、この度リリースされた。

もちろん早速落としてみるわけだ。軽さはやはりあるね。ブックマークの同期もFirefoxSyncで簡単だし、使い勝手はいいと思う。タブの移動はSleipnirの方がアクセスは早そうだし、他よりもたくさんのタブを管理するのもSleipnirの方が良さそうだけど、タブを多量に開くことを考慮しなければ、そして携帯端末ではそっちの方がメインっぽいので、それでいいような気がする。

とは言っても、iOSではやはり普通にSafariを使ってしまうなぁ(^_^;)。普通に使ってると、アプリの紐付けがSafariだから、ということもあるけどね。そういう意味では、たくさんのブラウザを持っていても仕方ないので、そのうち淘汰されちゃうかも。難しいのだ、この辺は。

Sleipnir(Win)、4.1に

今回一番大きいのは、フォルダによるブックマークの整理かな。これまでもフォルダ管理はあった。「整理」メニューをクリックすると、別ウィンドウが開いてブックマークのフォルダの整理がしやすくなったということ。

僕としてはラベル管理に慣れちゃったので、今更、かも知れない。フォルダ管理に戻してみたものの、ラベルとフォルダにはかなりの乖離が生じていて、今更使える状態ではない。ラベル管理にしておけば、FenrirFSでこれまでも整理できた。FenrirFSの使い勝手も最新バージョン同士だと悪くないし、ラベルが適宜色分けされるので、使い勝手に慣れてしまえばこちらのほうがいいと思うのだ。

スーパーサーチにホバーがついた。ポインタを画面右下に持ってくると、サーチマークがポップアップして、そいつをクリックするとスーパーサーチウィンドウを立ち上げることができる。でも、これまた僕自身は右ダブルクリックでこれを立ち上げているので、まぁあってもなくてもいいかも状態(^^ゞ。ちなみにCTRL+Bのキーボードショートカットも使えるが、こちらはあまり使わない。使わないときはスーパーサーチウィンドウの「設定」から、「ページ内右下にホバーボタンを表示する」のチェックボックスを外せばOKだ。

あとはWebkitの更新とバグフィックスか。僕にしてみれば、やや使わない感じの新機能だけど、使う人には利便性が上がった、ということで。

MozillaとGoogleが新たなWebエンジンを開発することに

「エンジン」と言っているので、ブラウザそのものの名称が変わるわけではない・・・と思う。しかし、ということは、場合によっては、今後の表示検証がまた面倒になるかも。

現在、ブラウザに使用されている主なエンジンは、IEなどで使われるTrident、ChromeやSafariなどで使われているWebkit、Firefoxなどで使われるGeckoなど。Operaも独自のエンジンを搭載しているが、こちらは近々Webkitに変わる予定だったはずなので、結局3つのエンジンで検証すれば、なんとかなりそうだったんだけどね。

MozillaはServoという名前のエンジンに変更。Geckoを使ってるのは、僕が知るかぎりでは、あとはLunascapeだと思ったが、そちらもそれに倣えば、複雑化は回避されるかも。ちなみにSumsungとの協業での開発だという。Samsungから新たなブラウザが出るってこと?これは続報を待たないといけないか?

一方のGoogleは、これまで使ってきたWebkitについて、他のブラウザと異なるマルチプロセスアーキテクチャがChromiumとのプロジェクトを圧迫するようになったらしいので、Webkitベースではあるが、新たなエンジンBlinkを導入、という。Webkitベースなので、Web開発者にとっても、直ちに影響がない、としている。

複数のエンジンが存在することは、複数のブラウザが存在することと同様にイノベーションを促進し、健全なオープンウェブエコシステムを築けるものとコメントしてるというけど、HPを作る人にとっては、表示確認が煩雑化し、手間がかかるものとなろう。今でさえ、サイトによっては推奨ブラウザが指定されているところもあり、今後もそういうケースが増えていく傾向となるため、エンドユーザが割を食う。どれかひとつのブラウザですべてを賄うのは、難しくなっていくのかもしれない。

日用品などでは、メーカーが違っても、物の基本的な使用方法が変わることはそう多くないけど、コンピュータの世界では、同じような機能を提供するものでも、ブランドが違うと使い方が一変することがよくある。コンピュータを汎用品として扱いたいと思うのであれば、そういうことを人が求めているのかどうか、そろそろ考える必要が有るんじゃないかな。

Sleipnir 4.0.0(Win版)

Mac版に遅れることほぼ2ヶ月、Win版も「4」にアップデートされた。「3」のFinal Buildのときに、見た目とか機能とか、前もって盛り込まれている部分が多いので、そちらを使っていれば、そんなに「変わった!」と驚くことは多くないようだ。

実際使い勝手も3.9.9から考えてあまり変わってないように思える。3→4への移行と言う意味なら、3.8.4あたりで止めてしまっていなければ、スムーズに行くんじゃないかしら。

Win-XP環境でも、Fenrir FSが立ち上がっている状態で、アップデートできた・・・けど、その直後FSのほうがフリーズしたので(^^ゞ、特筆すべきじゃなかったかも(おい)。

Sleipnir3 for Windows Final Build

バージョンで言えば3.9.1がリリースされた。これはまた、Sleipnir 4 Pre-release versionとも銘打たれていて、ルックが4のDesign Buildとほぼ一緒になっている。

で、このバージョンは、3.9.1でありながら、Design Buildからもアップデートされる。これで、4のいわゆるプレビューと3の最終バージョンを統一して、4の正式版への繋ぎとするのだろう。

が。Design Buildを立ち下げて、改めてVer3を立ち上げると、3がそのまま立ち上がり、改めてアップデートを促される。まぁ、中身は同一なようなので、3の方をアップデートしたら、Design Buildは廃棄しちゃっていいのではないかと。実際、そっちを廃棄しちゃっても、普通に3のショートカットから、3.9.1が普通に立ち上がるしね。

動作はこれまでのバージョンよりも安定してるし、立ち上がりも早くなってるので、プニル3使いなら、試すのがいいでしょう。

Operaのレンダリングエンジンが順次Webkitに

OperaもGoogleの支援受けてたからなぁ。

とは言え、個人的には、独自エンジンのPrestoも、特にそれでなければいけないとかそういうこともなかったし、Operaって、結構早い時期からケータイ版やiOS版など、展開もしていたんだけど、今ひとつ連携悪くて、今はさっぱり使ってないや(^^ゞ。

レンダリングがWebkitになったとして、Operaファン以外にOperagaこれ以上浸透することも無さそうな気がするんだけどな〜。もっとも、他デバイスとの連携は、今までよりうまく稼働する可能性はあるようも気がするので、使い勝手が向上すれば、ひょっとするとある程度復活する、かも知れないなー。

Sleipnir 4 For Macがリリース、ただし現状Black Edition

Mac環境のほうが、Winよりも先に「4」にバージョンアップした。現状、App Storeの青版ではなく、サイトから直に落とすBlack Editionの方だけど。

Win版がまだ3.8.4なんだけど、すでに去年末の段階でMac版は3.9まで進んでいて、Mac版のほうが先行している状態だったんだけど、「4」も先乗りするとは思ってなかったので、いささか驚いた。

「3」と比較してどうか、っていうと、まず見た目。ツールバーのデザインが一新した。ツールバーのボタンの位置も変更され、使い始めはさすがにちょっと戸惑うが、そこは慣れの問題。それよりもツールバーが他よりも細くなったことがいいかも。Safariのツールバーが細くて好きだった(Chromeは最近動作がおかしいのでアンインストール中)んだけど、それよりも細くなった。

アドレスバーは3.xの時代から非表示状態だったけど、アドレスバー自体がないというか、アドレス表示クリックでダイレクトに編集されるように。ま、実際のところ、アドレスをわざわざ打ち込むことは、皆無ではないにしろ、ほんとに少なくなった。メインの使い方でなくなった以上は、これでいいのかも。

タブのデザインも変わったし、タブグループの表示方法も変わって、タブ表示の左横に、タブグループ表示ボタンができて、直感的に操作できるようになった。3までは、タブを開くことはあっても、タブグループの操作は面倒臭がることが多かったんだけど、これだったら、タブグループをもう少し積極的に使おうかなとか思える。

スピードについて、Developper's blogでは特に言及されてないけど、表示が重かった場所で比較すると、軽くなってると思う。

こんな感じで、「3」と比べた時に、インターフェースの違いにちょっと戸惑う程度で、他は進化していると感じられるので、バージョンアップはしたほうがいいと、僕は思う。

Firefox18

18・・・か。6週間で新たなバージョンをリリースすると言ってから、どれくらい経ったのだろう。ここでも過去に色々書いたから、紐解けばわかると思うけど、めんどくさいのでやらない。取り敢えずまた新しくなった、ということのほうが主眼だし。Chromeなんか24だし。

そう言えば、Chromeって、バージョン上がるごとにインストールサイズが膨れ上がってるのな。サイレントでアップデートされるので目に見える部分はわからないんだけど、確認してみてびっくり、会社のXPで、300M超えてた。Firefoxは40Mそこそこ、2つのレンダリングを持つSleipnirが107M、3つレンダリングを持つから大きいと思ってたLunascapeだって、全部実装させて118Mだから、これは破格のでかさだ。

会社のPCって古いからCドラ20GBしかなくてな。空き領域が圧迫されて、デフラグがうまく行かなくなってしまったので、Chromeはアンインストールした。「大きいことはいいことだ♪」ってのはエールチョコレート(知らない人のほうが多いっつーの)だけで充分。普段は見ないと思って好き放題やられても困る人もいる、ことを考慮・・・Googleにそれを期待するのが無理か(^^ゞ。

閑話休題、Firefoxに戻す。今回の変更は、JavaScriptのエンジン変更による高速化が目玉なようだ。25%というから、結構な高速化を果たしている。あとは、脆弱性への対応。21項目に渡るらしいので、それだけでもアップデートする意味はある、と思われる。

落としてみて、高速化については・・・JavaScript使わなければわからないので、何とも。全般的な動作については、XPでも体感的に速くなったのかなぁ?少なくとも遅くなったとは思わないので、個人的には大丈夫ではないかと思ったり。

法人向け延長サポートのほうも「ESR 10.0.12」で同じ脆弱性に対して対応しているというので、チェックしてみてはいかがだろうか。

最近のブラウザは・・・

一部の例外を除いて、ほんとにコマコマとバージョンアップするようになってしまったので、いちいちレビューするのもかったるくなってしまった(^^ゞ。

取り敢えず、今後は個人的に「これはっ!?」と思うようなバージョンアップになった時だけ、散発的にレビューするかなぁ。全くレビューしなくなってしまう可能性もあり、ということでひとつ。

・・・最近、なんかエントリーでエクスキューズつけてばかりだ。基本的に忙しいのが悪い、とか外部要因になすりつけてみる。時間は「ある、ない」じゃなくて「作る、作らずに終わる」もんだとは思ってるけど、「作らずに終わる」選択をしてる。作るって言っても、無限にあるわけでもないから、最低限でやりくりしてるってところかなぁ・・・。

Firefoxも16まで来たか。

10月9日(現地時間)リリース。どちらにしても、もう日本でも使用可。確か、前の15から「サイレントアップデート」が採用され、Chromeと同じように、黙ってても勝手にアップデートされるようになった・・・はずなのだが、この辺、会社のXPでは使えていないかも。少なくとも僕の場合は、会社のPCについては15も、15.0.1も、そしてこの16についても手動でアップデートを余儀なくされている。

そういう意味では、Chromeのほうが自動アップデートの出来はいい、と言える。会社のXPは、今年中に7にハードごとアップグレードされる予定だったが、現在の経済状況を鑑みて、来年以降に繰延されることになったので、今しばらく、たぶん1年くらいは、この旧式のPCと付き合わねばならない。完全に私事だけど(^^ゞ、ちゃんと動いてくれるのがいい。

大きいところではMac版のVoiceover対応、セキュリティホールへの対応、くらいかしら。これで動作がもっと軽くなってくれると助かるのだが、マウスやキー操作への反応が上がったとは言うものの、全般的に他のブラウザよりも動作が緩慢に感じてしまう。これより遅く感じる可能性があるのはLunascape、しかもレンダリングをFirefoxと同じGeckoにしたとき、ということで、このレンダリングエンジンが致命傷なのかもしれない、とずっと思ってる。どっちにしてもiOS版がないので、僕のメインブラウザというわけにはならないのだが。

いろいろと必要な部分があるので、捨てられない状態。Sleipnirと併用で使わざるをえないところがあるので、そこをなんとか・・・と思ってるところ。

ChromeはChromeで、最新版は、僕のMacBookだとめちゃくちゃな動きするようになっちゃったし、Sleipnirは許可されてないサイトがあるし、SafariはWin版が消えちゃったし・・・。IEもLunascapeもMac版がない。Operaはと言えばiOSで使いたいとはちょっと思えない始まり方だったし(最新バージョンがあるのかどうかさえ見ていない)、僕のブラウザ事情が整理統一される日は、まだしばらく来ないようだ。

IEの7〜9に新たな脆弱性

しかもMicrosoftからのこの脆弱性に対応したパッチはまだ当てられていないとか。

更に悪いことに、IE7、8を標的とした攻撃はすでに始まっていて、細工を施したWebサイトを見るだけで被害に合う可能性があるのだとか。

取り敢えず、IEをメインブラウザにしている方々には、暫くの間、別のブラウザ(例えばChromeとか、Firefoxとか)に切り替えることが推奨されている(SANSやMetasploitチームによる)。

こういうのは、パッチを当ててもらえない間は自衛するしかないので、こちらにいらしてる方々も、くれぐれもご注意を・・・。

Sleipnir3.7

あれ?ついこの間3.6.2について書いたような書かなかったような(事実は先週書いた)。Win7では、Sleipnirを立ち上げるとアップデートの通知が来たけど、XPでは通知も来ないし、手動でアップデート確認を行なっても表示されない。う〜ん?

わずか一週間でバージョンアップですか状態だけど、今回のバージョンアップで、日本ベリサインと提携、ノートンセキュアドシールがアドレスバーに表示されるようになったそうな。アクセスする先が安全であることが目で確認できるなら、それはそれでありがたい機能だとは思う。

もう一つ、検索機能に更新があって、その影響で3.5.2以前のバージョンでは、9月1日以降、検索機能に影響が出る模様。Sleipnirをお使いの方は、バージョンを確認しておいたほうがいいかもしれない。

Sleipnir Linkerとの連携も強化され、テキストをスマートフォンに送ることができるように。これは便利。逆もできるようになるともっとありがたいかも〜?

うっ・・・Lunascapeも

落ちた・・・。つまりこれは、FirefoxというよりはGeckoの方の問題か?

うううう〜ん・・・、Tridentは使いたくないよう。

と、いうわけで・・・

昨日の続き、ってことでいいのかな。Firefox以外のブラウザを探して見ることにしたのである。

ぶっちゃけ楽天ツールバーが使えて、安定していて、いろいろ心配なく使える、と言う条件で探してみたわけで、そうすると最初の条件でOperaとかSleipnirとかSafariとかChromeとか。もう根こそぎ落ちてしまう(^^ゞ。そしたら、他に何が残るのよ?

IEは、家で使うのはイヤである。たとえそれが7だろうが8だろうが。同じ理由でTridentしか使えないソフトもパス。Firefoxはそういう意味では最右翼だったのだが、毎日、しかもAcerを使う時間帯は朝が多いので、忙しいときに叩き落されるのは致命傷である。

イヤでも、IEを使わざるを得ないのか。で、思い出したのが、画面表示がいまいち合わなくてパスしていたLunascape。あの当時は5だったけど、6にバージョンが上がって、最初からGecko表示で最適化してみたら・・・。

結論からいくと、楽天ツールバーが使えた。で、表示も、これなら文句ないかな?というところまで持って来ることができたので、取り敢えず、これで落ちなければ、こいつで運用することにしよう、と言うところまで来た。

結構、ブラウザもいろいろ巡ったけど、Acerでの、僕用のブラウザ運用は、しばらくはこれでいくことになるのかな?

FirefoxとWindows 7は相性が悪い?

なんだかなぁ。

Windows 7にアップしてから、Firefoxがやたら落ちまくるんだけど。3.5のときは、Win7に最適化されてないからかもしれないと思ってた。

でも、3.6になってからも、この突然の落ちが止まらない。どうみてもFirefoxがWin7に合ってないとしか思えない。Vistaのときは、そんなことは全然なかったのに。

しかし、Firefoxをやめるには、ちょいと事情が(^^ゞ。う〜ん、どうするかな、ブラウザの使い分けをまたやるか・・・。

Firefox3.6

に、バージョンは上がったのだが。会社で入れてみて、使ってみてるのだけど。

Chromeのときも思ったんだけど、いや古くはSleipnirでも思ったんだけど、スキンの変更って必要かな?いや、きっと、用意されてるスキンの数がめちゃくちゃ多くて、そんな中で「これだ!」ってつぼにはまれば、こういう言い方しないかも。

でも、今は、別にノーマルでいいや、と思っちゃうし、不都合はあまり感じない。逆にスキンがうるさすぎて、使いたくなくなっちゃう可能性もある。流行のようにいろいろ出てるけど、もっと基本的なところを抑えて欲しいなぁ。

特に3.5.7は、Win7だからなのか、ウチの環境の何かがいけないのか、予告なく落ちて困ることが多いんですけど、3.6ではそこが直ってるのかどうなのか?そういう基本をちゃんとやってこそのお遊びだと、そんなことを考えるのだった。

あ、どうやら楽天ツールバーがまだ対応してなさそうなので、しばらくは3.5を延命させる予定。

続きを読む

バージョン別シェアでFirefox 3.5がナンバー1に

ニュースソース

 Webサイトのアクセス解析サービスを提供するStatCounterの2009年12月のWebブラウザのシェア調査データで、バージョン別で見た場合に初めてFirefox 3.5がナンバーワンの座に躍り出た。逆転が起こったのは2009年51週目で、IE7.0が21.2%のシェアであるのに対して、Firefox 3.5のシェアは21.93%となったという。調査対象は全世界の約300万サイトで2009年7月時点で約58億ヒットという規模。

 ただし、これはバージョン別で見た場合のシェア。全体で見れば、IEが55.4%、Firefoxが31.95%と、まだIEがリードしている。現在の勢力をざっくり言えば、IE7、IE8、Firefox 3.5の最新ブラウザが、それぞれほぼ20%強で拮抗しており、これにIE6とFirefox 3.0の10%前後のシェアが続くという形になっている。

う〜ん。僕の感覚とはちょっと違うんだけどなぁ。ウチのアクセス解析では、まだIE7とFirefox3.5の差は5%くらいあって、IE6とFirefox3.0の差なんか3倍もある。まぁ、Webkit名義とChromeがそれぞれ10%近くあるし、Sleipnirも5%もある時点で、一般的なシェアとは違うと言われてしまえばそれまでだけど。そういうのを取っかえ引っかえしながらアクセスしてるし、僕のアクセス解析結果は、IEが落ちてないと言うより、Firefoxが伸び悩んでいるというべきだしね。

ま、IEがシェアを落としているというのはその通りだろう。一時期のように8割がIE、なんて状況は、過去のものにはなってる事実を伝えるという意味では、このニュースは意味はあるだろうし、そういう意味で、エントリーにしてることも事実だ。そして、僕の主役ブラウザもまだ決まっていない。一応WindowsではFirefoxとSleipnirとLunascapeとChrome、MacBookではFirefoxとChromeとSafari。状況で使い分けている状況が、もう数ヶ月続いている。

そろそろWindowsはFirefoxに落とそうとしてたんだけど、Win7導入したら、動きがもさもさしちゃって、また一から仕切り直しだったりしてる。Chromeも、ある場面に於いては、これしか考えられないという特徴をもつし、LunascapeもSleipnirもそれぞれ特徴があるので、今のところ、まだ一つには絞りきれていない。

MacBookはFirefoxがバージョンアップして、やっとSnowleopardに正式対応したので、こっちはChromeは未だβ版だし、しばらくはFirefoxが安泰かも?

Win7も、デフォルト状態で、IE8が最初から使える状態になってないし、IEのシェアはもうしばらくは落ち続けるんだろうな。ブラウザを健全な成長という意味では、こういう切磋琢磨は必要だと思う。どれかがぶっちぎりでトップシェア、ということにはなりにくい環境になったってことかな?

Chrome Mac OS X版β

がようやく出た。 ・・・が、評価版とあまり代わり映えしない(^^;)。 相変わらずブックマーク編集ができず、このまま正式版になることは有り得ない。スピードアップは、どうだろう?あまり変わらないような気がするけど。 今はFirefoxをメインに使い回してるけど、Chromeが正式版になったらどうしよう?Firefoxに比べて、癖も強いけど、強みも多いのよね。使い分けるしかないような気がしてる。

Chrome4.0β版

しかしね、1.0のβが出たのが2008年の9月。1年と二ヶ月でバージョンが三つも上がっていいものかどうか、という議論はきっとあるように思う。

でも、それをやって平気でいられるのが、今のグーグルと言う会社を現してるように思う。フリーソフトということなので、何回バージョンが上がろうが、いいじゃないか、という話はあるし、普通にやっていれば勝手にやってくれる。

ただ、それが本当にいいのかどうか。例えば、それが必要とするハード構成だ。それを見ずに勝手にアップすれば弊害が起きるだろうし、アップする前に勝手にそれをチェックに行くのはもっと問題だ。今はバージョンアップでサイズが巨大になったり、新しいハードを必要としたりはしないようだけど、いつかそういう壁が現れるだろう。そのときの対応が、この会社の将来へに向けた試金石になろう。

小難しいごたくはともかく(^^ゞ、この4.0、いつものように「スピードアップ」は謳われている。「またかよ」と思いながら4.0βを導入してみたのだが、導入してびっくり、3.0からのスピードアップが体感できる。SH6の巡回はこれで決まりだ。ただし、書き込みには問題が。これはChrome自体の問題と思われるので、書き込みはFirefoxを使うことになる。

ま、SH6で苦労するのも、後2〜3日だっ(笑)今後SH6は、Officeがど〜しても必要なとき、もしくはエマージェンシー用として保管されるだろう。


人気ブログランキングへ
Recent Comments
Archives
掲示板をひらく♪
掲示板を設置してみました。下のボタンを押すと開きます。
お試し広告


QRコード
QRコード
livedoor 天気
blogram
メッセージ