EOS

天津司舞

tenzushi


というわけで、国指定重要無形民俗文化財の天津司舞を見てきた。昨日お話したとおり、現在は春に行われていて、写真とか見ると、桜の花の下で行われているものが圧倒的に多いのだけど、こうやって写真にしてみると、すか〜んと晴れ渡った秋空の下でも十分に映えるものだと思う。

舞は、「舟」と呼ばれる天幕の中で、人形師と太鼓、笛の方々が行うもので、一、二のおささら様→一、二のお太鼓様→お鼓様、お笛様、→鹿島様→お姫様、鬼様の順で現れる。写真は、お姫様。途中、鹿島様のときに、木製の刀が9本投げられる。それを拾うことができると、五穀豊穣、男児の誕生などのご利益があるとされているそうな。どうせ入手することなんて、と思いつつ、息子2を炊きつけてみたら、見事ゲットしてきたのでびっくり。男児の誕生は流石にもういいとして、五穀豊穣はありがたいことだし、神棚にお祭りすることに。

天気もよく、良い物を見させていただいた。桜の下でも一度見られるといいな、とも思うのだった。

鯉のぼりたち

2fb9eb46.jpg

道の駅南きよさと。
以前も出した気もするけど、ここは、この時期になると、こんな感じなのだった。

もっとも、今日の目的は、鯉のぼりではないのだけど。

フジスプリントカップの写真

折角撮ってきたんだし、1500枚、ダメダメ切り捨てても約1000枚。これだけあれば、2〜3枚くらいは出せるものがあるだろってことで。ココログ規制(1Mサイズまで)に合わせて作成しましたので、クリックするといつものように1800−1200サイズにアップ。オリジナルは5184−3456なので、約1/3ってことで。時間の兼ね合いで、トリミングとか一切なし、RAWから、コントラスト、シャドウとシャープネスをちょっといじったくらいでJPEGに変換、画像サイズを縮小して。

撮影場所は、グランドスタンド自由席、最終コーナー寄りです。

Takumakazuki
最初は平凡な写真だけど、でもまぁ中身は二人のもとF1レーサーってことで。前が琢磨、後ろが一貴。前日の予選、最後尾に落ちた一貴だけど、シリーズチャンピオンの力を見せつけるかのように(あるいはリアル「サーキットの狼」状態とも)、ガンガン抜いていって、最後は8位。一方の琢磨は、6番手スタートだったんだけど、レースではペース上がらず。スポット参戦ではいろいろ厳しいよということ。

写真的には、前2/3くらいでトリミングすれば、もうちょい見られると思うけど・・・。

続きを読む

Lunascapeをお試し。

今、僕がメインで使っているブラウザは、Sleipnirであることは、ご存じの通り。このブラウザの売りは、カスタマイズの範囲が広いこと。逆に一見さんお断りみたいな敷居の高さはあるかな?

また、開くページごとに、レンダリングをTrident(IEのレンダリング)とGecko(Firefoxのレンダリング)に変更することが出来ることも。もっともデフォルトでは、レンダリングはTridentに設定されており、理由がない限りは、それを無理にGeckoに変更することはない。Geckoを使いたければ、別に落としてくる必要もあるしね。結果、特に使っているIEが7までの場合、レンダリングのスピードが決定的に遅い、という事実がある。

IE8になると速くはなるものの、Firefoxと比べると、特にタブを増やしていくと、かなり厳しいことになってくる。それでもSleipnirを手放さないのは、タブの使い勝手が、Firefoxよりも僕の使い方には合っているからだ。

合っている、と言う意味では、実際はChromeの方が自由度が高くて使いやすい。速さもSleipnirよりはかなり軽い。そのため、基本動作が遅いSH6ではこれを使う。母艦でこれを使わないのは、これも以前説明したとおり、レンダリングのWebKit(Safariのレンダリングだ)において、Flashに対応しておらず、Livelyがからっきしダメだから。最近、Sleipnirでも、部分的にダメな場所が出てきて、実は困っていた。

で、Lunascapeだ。Sleipnir使いとしては、同じようにTridentとGeckoが使えるって言う話だけは聞いてたので、Sleipnirから乗り換えるとしたら、一番近いかな、とも思っていた。で、まぁ、Ver.5と新しくなったし、5からは、WebKitもサポートするというので、母艦とSH6のブラウザ統合という兼ね合いでも俄然興味が(^^ゞ。

インストールして、何が有り難かったかって、Sleipnirを十分意識した作りになっていて、Sleipnirのブックマークがダイレクトにインポートできるようになっているっていうのが、もう狙ったかのような(笑)。Chromeの方は、HTMLへのエクスポート経由だ。

レンダリングは、ページごとの細かい設定は出来ないが、任意に全体の設定を変更することが可能。使うことを決定したときに、別に落として来るという形式は、Sleipnirとあまり変わらないが、全般に適用されるというのが異なる。

問題のタブは、初期設定は僕にはなじまないが、カスタマイズの柔軟性はあり、これなら使えるかな、というところ。もうちょっと使ってみて、それから乗り換えるかどうかは総合的に判断することに。最終決定は、SH6で快適に使えるかどうか、これにかかっている。

白糸の滝

ebb00627.jpg



とりあえず、行ってみるだけ行ってみようってことで、白糸の滝へ。

途中、富士芝桜まつり会場前を通るんだけど、五分咲きとのことで今回はパス。来週出直すことに。そもそもめちゃくちゃ混んでいて、これは入るのに苦労しそう。来週朝一でダッシュを決め込むことにした。

これは音止の滝。

追記側に白糸の滝を。
「白糸」っぽさを出そうかななんて、スローシャッターに挑戦。
続きを読む

甲府をSLが走るってことで

8d7b44c7.jpg



本番は4月上旬なんだけど、今週から試運転をしている。休みが来るまで見れなかったんだけど、家が線路から1分というこのシチュエイション、見なければウソでしょう。

と、いうわけで、さっくり行って撮った。実はモードダイヤルが子供sにいじられていたのを確認不足で、出来については全然納得していない。

今日はまた12時と3時に走るというので、リベンジに行く予定。
試運転なので、線路脇の人たちもほとんど居らず、見るなら今がチャンスと思う。乗るならもう全然無理だけどね(^^ゞ。

人気ブログランキングへ
Recent Comments
Archives
掲示板をひらく♪
掲示板を設置してみました。下のボタンを押すと開きます。
お試し広告


QRコード
QRコード
livedoor 天気
blogram
メッセージ