食事

ピーチ味

5965bb3a.jpg

久しぶりにローソンに出掛けたら、試食させられた、からあげクンのピーチ味。

実際は、ピーチフレーバーの唐揚げと言った風情だけど、意外と言えば意外なので、わざわざ家族のみんなに味わってもらうか、と(^_^;)。

土用、二の丑

今年は「二の丑」があるのね。先だっての丑の日は普通にうな丼にしていただいたけど、今回は白焼きを買ってきた。わさびと塩でさっくりと頂く予定。

郷里が土浦であるせいか、うなぎにはいろいろとうるさいほうかもしれない。鰻屋さんの娘さんとクラスメートだったって話もあるしね(^^ゞ。

子供の頃は、駅前はうなぎ、ワカサギ、その他小魚の佃煮などのお店が並び、鯉などもあらいや鯉こくにしてよく食べたもの。土浦駅には、全国的にも珍しいうなぎの駅弁があってね、と話しだしたら止まらないかも状態。

今は、いろいろと昔の面影はないし、つくばに押されて陰も薄くなってしまった土浦市だけど、とにかく自分の生まれ育ったところだし、もっと頑張って欲しいなぁ、と思ってる。この機会に、土浦に戻って、土浦のために働くのも悪く無いかな、なんて思ったり、そんなに思うようには行かないか(^^ゞ。

甲州うまいじゃん弁当中身

画像はこちら。中身の説明も込みで。本当は蓋開けたバージョンも撮ったんだけど、結局ボケボケで、見るに耐えなかった(^^ゞ。

家族全員で分けたので、味見以上のものではなかったけど。

ワインビーフのすき焼きは、肉が柔らかだった。味付けは、まぁこんな感じかな?フジザクラポークは・・・ごめん、肉が柔らかいっていうのだけはあったけど。1/6じゃあ味まではなんとも言いがたい。

で、肝心の「やこめ」だけど、大豆を炊き込んでるのかな?これは。にんじんの超みじん切りが入ってて、なんとなくもち米ブレンドされてそうな味。これは素直にうまいです。

レシピ?一応調べた。とりあえず、こちら・・・って練馬の学校給食?え?え?それにこれはうるち米だな?

で、こちら。表示に時間がかかりますので、手っ取り早く引用すると
大豆を炊き込んだおこわ。

(笑)。

これじゃどういうもんかわからんので、もう少し引用させていただけば、
山梨の峡中・峡西地方の水田地帯で、
田植えのときに「おやてっとさん」たちに振る舞ったんだそうです。

といういわけで、田植えのときの労働食だった模様。なるほど、そういうことならちょっと塩気を含んだおこわが、おなかにたまって、パワーも出ていいでしょうね。

まだしばらくは売ってるみたいなので、通りすがりにでも思い出してみてくださいね。

金麒麟のランチ

48f1acdb.jpg

前回、チャイナドレスも、料理も写真に収めなかったところ、お叱りを受けましたので、本日は、ランチをアップしてみます。

さすがに、昼間は、チャイナドレスではなかったようです。

本日の日替わりランチは、トンポーラーメンの定食で、冷や奴、ザーサイ、杏仁豆腐、ライス、コーヒーがついて値段もリーズナブル。杏仁豆腐が、甘味は抑え目だけど、まったりと濃厚で、ナイスです。

まあ、コーヒーは、薄かったため、ジャスミンティーをいただいた方がいいでしょう。

金麒麟

なる中華料理屋さんでお食事。
今日はそれなりに特別な日だし。

この中華料理屋さんが、料理もおいしかったんだけど、その、ウェイトレスさんが、真っ赤なスカーフなわけねーだろ、チャイナドレスで、ぴちっとしてて、スリットもうわぁ、みたいな感じで入ってて、ぜひ一緒にお写真を、みたいな感じだった。いや家族連れだからできるはずもなかったのだが(^^ゞ。

大人二人と子供四人。四人前の単品料理と餃子(なぜか宇都宮餃子(^^ゞ)二皿で充分ですよ、わかってくださいよ状態で帰ってきた。

吉田のうどん

山梨には、富士吉田というところがある。
そこで、売り出しているのが「吉田のうどん」である。

言わば「東松山のやきとり」のような存在なのであろうか?

少なくとも、山梨に来るまで、山梨で麺と言えば「ほうとう」のことで、それも「小作」とか大きな店ばかり、ほんとにそういう「ほうとう街」でもあれば他から来た方々にも「なるほど」と思わせられるのになぁ、と思う。

とにかく、ここは「吉田のうどん」である。
社食で出るから、いわゆる本場の吉田のうどんではなかろう。だが、吉田のうどんのなんたるかを知るにはいいかもしれない。

と思って取ってみたのだが。
これはどう表現すべきか。
麺が硬い。で、ぼきぼきというか、ばきばきというか、そんな食感である。で、濃口醤油なんだが鰹出汁じゃなくて、おもいっきり煮干しで出汁を取っている。これがすべてとは思わないが、確かに独特な食べ物だ。僕はうまいと感じたが、どうだろう?

東麺房のカクテキ

山梨県、石和、いや今は笛吹市か、R20沿いに赤と黒の看板の、一瞬入るのを迷う、そんなラーメン屋がある。名前が東麺房。一応チェーン店で、山梨県内走ってると、数箇所で同じような面構えの店を見かける。

「やみつきラーメン」とかなんとか銘打ってるが、そこに入るとまず「サービスです」と言って出てくるのがこのカクテキだ。

ラーメンはともかく(^^ゞ、このカクテキである、やみつきになるのは(笑)。ラーメンもうまいよ。並以上の味はしてる。だけど、飯がこれだけでがんがんいけちゃうこのカクテキ。辛味の中に甘味もあって、このカクテキだけは食っておけ、みたいな気分。
500グラム700円でテイクアウトもできる。この量でこの値段は、スーパーのキムチを見回しても、際立って高いと言うことはない。

家に帰れば飲めるので、これがいい感じのつまみになる。さすがにこれだけ明かりが少ないと手ぶれは抑え切れないか・・・。

人気ブログランキングへ
Recent Comments
Archives
掲示板をひらく♪
掲示板を設置してみました。下のボタンを押すと開きます。
お試し広告


QRコード
QRコード
livedoor 天気
blogram
メッセージ