からふる

牛久市長選挙

行ってきました。

朝、起きてそのまま出かけたら、早めに到着してしまい、一番乗りになってしまったので、噂の投票箱確認ってヤツを図らずもやらせていただくことに。

まあ、中身がからなのを確かめて、署名するという簡単なミッションなのだけど、少しは参加してる気分になれるもので、たまにはこんなのもアリかな。

あとは結果を待つだけ。

新潟県で地震!?

日本海側の皆さん、大丈夫ですか?

ここのところ、本当に多いですし、思いもかけない場所が揺れるので、心配です。
皆さんが無事であることを心よりお祈り申し上げます。

憲法記念日

今、平成から令和に変わったこの時期だからこそ、憲法って、今一度考える必要があるんじゃないか、そう思う。

そうは言っても、偉そうに語れるわけじゃない。ただ、憲法の成り立ちは本当に言われている通りの経緯でできているのか、そう言うことは人に言われるままではなく、自分なりに調べたほうがいいのかなと思う。そうでないと、自分で考えることを忘れてしまう。できるなら、自分で立つべきだからね。

逆に、そう言うことなら、ここで結論めいたものを言うのも間違いなのだろう。
な〜んて。酔ってるなぁ。

そして令和が始まる

うん、令和になっても、僕自身は変わらない。

今後ともよろしくお願いします。とりあえずこの一言で。

平成が終わる

僕にとっては、この30年は社会人として過ごした30年と言う言い方が一番しっくりくるんだと思う。

なんせ、入社したのが昭和63年なのだから、平成の最初から会社員として働くことになった最後の年代。ま、僕の場合は1年間プーだった時期もあるので、フルに働いたと言うわけではないのが弱いんだけど、同期入社の方なら大多数はそう言う事になるんだと。

何れにせよ、改めて振り返れば一口に30年と言っても、いろいろなことがあったわけだし、令和に変わってもいろいろなことがあって時代は続いて行くのだと思うけど、一つの区切りであることは確かなことで、ここから流れが変わって行くのだろうし、いいことは続いて欲しいし、悪かったことはこれを機に終わる方向に転換することを願うのが、自然だよね。

これで自分が終わるわけでもないのも確かだと思うので、令和になってからもよろしくお願いする次第。

ここを訪れるみなさんに、今後もいいことがありますように。

娘1 就職

実際のところは昨日、16日から出勤している。

専門学校からの就職活動ということで、やや条件も厳しかったようだし、担任の先生のサポートも思うように受けられなかったみたいで、学校からの紹介といっしょに、新宿のハローワークにも通う日々で、4月最初からの就職には間に合わなかったようだけど、ともかくは、無事に決定してよかった。

就職先は「神社」。職種は「巫女」。さらっと書いてみた。どうせ二度見するだろw

そんな求人がハロワに出ているというのも驚きだが、ウチの子がそういうところに就職するというのも、僕の姉の仕事を踏まえれば、なんというか因果なものを感じる。御祭神はそういう意味ではかなり所縁がある。就職が難航するようなら、本人の希望を考えると姉(義兄)に相談するのもアリかなと思い始めていたところのこの求人に、「そう繋がるのか」と。本人の面接時の「手ごたえない」との感触とは別に、これはそういうもんだろうから内定出るよね、と僕は勝手にそう思っていた。

とにもかくにも、せっかく苦労して就いた職。精いっぱいやってもらえれば、成功、失敗含めて人生だから。

娘2、高校生になるらしい

今日は高校入試合格発表の日。

タイトル通りなんだけどね。中学時代はいろいろあった娘2だけど、とりあえず高校生になる資格は得られたようである。あとは、高校でどれくらいやれるか、だけど、それは本人次第。やれるだけのことはやるといいよ。

「この日」

うん、またこの日は来た。

だけど、本当は「この日」に集約すべきではなく、いつでも未来に繋げなければいけない。だから、去年はあえてこの話題は避けた。

そして、多分今後もそこから離れる方向に、僕は行こうと思う。やめるのではない、広げるんだ、いろいろと。そして前を向く中で、この日を迎えた時に、何をいうべきか、考えるときが僕には来たんだと思う。

どのみち、あの日の後の数ヶ月に書いた以上のことは、その後では、少なくとも書けていないのも明らかだし、だから、違う方向へ行くべきなんだろうと・・・。

気温が乱高下

いやまぁ、寒かったり暖ったりをタイトルにしようとするとこうなるって話ではある。

そんな中でも、晴れた日に車に乗ってると、陽射しがやはり冬とは違うよね、そう思える日が増えた気はして、季節は移り変わっていくんだな、なんて思うのだった。

節分。

甲府にいた時は、横近習さんを中心に街全体で派手にやるので、やらないなんてことはあり得なかったんだけど、牛久に来てからはあんまり盛り上がってる感じがないので、ついつい最低限のことしかやらなくなってしまう。

それでも、立春になると、「一人娘」の立春絞りが出るので、それだけは楽しみにやってるなぁ。今年はいつ開けようかな状態ではあるんだけどね。息子1が月の後半の帰って来ることになってるので、それに合わせて開けようかとは思ってる。

美味しいレタスとは・・・

普段、お店に出かけてレタスを買おうとする時、僕はこれまでガッチリしていて、重量のあるものを選んでいた。貧乏性というのだろうか、そっちの方が食いでがあるよね、みたいな。

でも、実は、美味しいレタスは軽くて、巻きがふわっとしているものを選ぶのがいいのだそうだ。そちらの方が苦味が少なくて、歯ごたえも柔らかい、とか。

言われてみれば、そういうものなのかもしれない。一応、覚えておくことにしたのでエントリー。でも実際買うとなるとまた重いのを選んでしまうような気が・・・しなくもない(^_^;)

風が強い

本屋に行って、駐車場を歩いていたら「バコン!」とかなり大きな音がしたので、そちらをみたら、軽自動車のドアが思いっきり開いていて、隣の車に直撃していた。

・・・しかし、運転手はダマで去っていった・・・。

え〜。なんかこう、嫌なものを見せられた気がした。ぶつけられた方の持ち主わからなかったので、見送るしかなかったけど。

それで思い出したのが、ギャランに乗ってた頃。ホームセンターの駐車場に置いておいたら、左側のドアを思い切り凹まされて逃げられていたことがあった。すごく嫌な思いをしたから、気まずくても謝ったほうがいいのでは。逃げたくなる気もわからなくもないけど・・・。

糸ようじ

去年の年末くらいから歯医者に通いだした。

左奥歯がぐらついていたのが、堅い物を食べた時に逝っちゃったみたいで。診てもらったら即座に抜くことになって。そのあと、歯石を取ることになったんだけど、それがもう、歯茎の裏の歯石も取るとか言われて。ちょっとずつやっていくんだけど、歯茎に麻酔を打たれて、グリグリと。ええ、もうなんか涙が出ます。麻酔のおかげで痛くはないんだけど・・・。

で、下の歯が終了した段階で、糸ようじを使いましょうと言われた。歯の隙間に糸なんか入るのかいな、と思っていたのだけど、まぁやれと言われるなら。ドラッグストアに行くと、糸ようじもいろいろ種類があるんだね。びっくりしてしまう。

初めてと言う事もあり、手をこじらなくても使えそうなものを購入。使ってみたのだけど、意外とするっと歯間に入るので、へー、とか思ってしまった。歯間の角度に糸を合わせる感じですぽっと。まぁそうでなければ、こんな商品にならんか。歯磨きの時間は増えたけど、すっきり感は特にない。でもまぁ、ちゃんと汚れが取れてるんなら、いいか。

成人式・・・ね。

今年は娘1が該当した。連絡や式への参加に関しては当然現在の住所のところに来るのだけど、幼稚園から高校1年までを甲府で過ごしていた彼女にとっては、そちらのほうが今でも結びつきは強い。と、言うよりも、そちらにしか「故郷」を感じることはないように思う。毛呂山?うん、ちょっと年齢が小さすぎたね。息子1にはそちらの記憶も結構濃く残っているようではある。わずか2歳(学年では3年だけど)の差だけど、子供時代では、その差は大きい。

そんなわけで、この連休では友人宅に泊りがけで、中学時代の同窓会に行ってきた。彼女にとって一人旅は人生初だったと思うけど、それはそれで経験だし、久々に旧交をあたためられたのではと思う。

これから、自分の裁量も増えてくるけどそれに伴う責任も大きくなるので、そこをしっかり認識して、生きていってもらえればいいかな。

恵方巻き、生産しすぎるな、とか

今の政府、過保護な親か!って思ってしまう。

いや、言ってることは正しいと思うのよ。環境的にも経済的にも他の国の事情を鑑みても、生産しすぎて廃棄が多くなるのは見過ごせる状況ではないってことは。

でも、それって本来は自主的にやるべきことで、政府が号令をかけるべきな話ではない。そういう歯止めがいろいろ効かなくなっているという事実が、時代の歪みを反映しているのかもしれない。

そもそも節分に恵方巻きを食べなければいけないなんて、本来それに乗るのも乗らずにスルーするのも自由。神社の参拝の仕方にしろ、なんにしろ、何かマニュアルが決まっていて、それ通りにやらないと「おかしい」とか、それこそ「誰が決めた」って話。息苦しい世の中になってきたもんだ。

ZOZOSUITを試す(2)

前回のエントリーで、「届いたら続きがある」って書いた。そしてその時期は「10月末」ってことだったんだけど、やっぱり大量にオーダーがあったのだろう、実際に届いたのはなんと大晦日。「年明けに間に合いました感」満載だったけど、とりあえず初詣にはちょうどいいかなって感じで袖に手を通してみたわけさ。

んとね。
スーツの生地はやや薄手かな?という感じではあるんだけど、まぁ裏地もついてるし、冬に着られないわけでもない。何より、ワイシャツがぴったりなのが思ったより気持ちいい。普通ワイシャツって、カラーと裄丈くらいで決定するから、カフスのあたりは余裕があるのが普通なんだけど、それがピチッとしてるっていうのが初めての感覚。オーダーっていうのはこういうものなんだ、と気づきがある。

当然だけどスーツ自体も体にぴったりで、余計なシワとかだぶつきみたいなのはない。なるほどこれならいいかな。

問題があるとしたら、さっきも書いた生地が弱そうっていうのと、色や柄のバリエーションが少ないこと、かな。時間がかかるので緊急時の用立てが難しいのはオーダースーツなら基本そうだろうしね。これなら、カジュアルな服も試してみようかなって気にはなる。採算が取れるのかって心配は、僕がすることじゃない。どこかで辻褄合わせてるんだろう。ユニクロとかで買って、裾詰めてくださいとかで店舗に数十分留められることを考えれば、申し込んで待つだけっていうのは自分の時間をうまく使う為には悪くないだろう。

謹賀新年2019

今年もよろしくお願いいたします。

と言いつつも、今年も更新頻度は低めかもしれませんが・・・。
見捨てないでやってくれると嬉しいかもです。

2018年を振り返る

いやまぁ、今年はほとんどエントリーしてないので、こういう年だったというのは記録したほうがいいかなと。

順不同で。
◯母親が認知のような症状を発症
 まぁ、これが一番大事なことかな。11月末にかなり荒れて、大変だった。今は落ち着いているのでこんな風に書けているけど、来年はいろいろ覚悟を決めないといけないんだろう。

◯アオイが去った
 これは今朝ほど書いたことだし、改めて書くことは多くない

◯仕事の密度が上がった
 去年と同じ人数で倍の仕事を詰め込もうとすると、当然密度を上げるしか。不要な仕事を落としていくとか、効率化もやや進んだかも。

◯仕事の上で姉とコラボした
 これはね、前の会社に入社した時から、ぼんやりとどこかでコラボできたらいいなとは思ってたんだ。今回、僕が出席している建設の知財関係の協会中の部会が40周年ということで、姉に記念講演を打診してみたら、夫婦でやっていただけることになり、11月の記念部会で講演していただけた。まぁ今年の部会の業種担当が小学校〜高校まで同窓だったことも一つあるんだけど、いい方に回転してよかった。

◯中学校時代の同窓会があった
 5年ぶり、だけど、5年前から比べて出席率がガタ下がり。それでもまぁ久しぶりに当時の友人に会えるのは、いいものだ。

◯娘1が就職活動中
 年内に決まればもう少しクローズアップしたんだけど。成人式ということで着物を購入(娘2と共有になるんだけどね^^;)

大きくはこんなところか。まぁ後半が大変な一年だった。来年は最初からクライマックスなんてことはないように願いたい。

12月になりました

最近は気力が減退しているので、本当に申し訳ないことです。

ちと、実家がゴタゴタしておりまして、まだしばらくはこんな感じが続くのでは、と思っております。見捨てられても致し方ないな、これでは・・・。

別に転生なんかしなくてもお腹がスライムだった件

・・・いやぁん(^_^;)。

でもまぁ、思い当たる節がある人もいっぱいいるだろ。
運動しなきゃ。

年末に向けて飲む機会が増えると、なんかこう・・・ねぇ。

なんとなくネタがない日々

・・・いや、ネタがないのではなく、ネタを探していない、という方が正解なのだろうけど。

閃の軌跡4をプレイしてるのは確かなんだけど、仕事は仕事でやってるし、食事も自分のこともやってるわけだから、ブログのプライオリティが下がってるってことなんだよね。まぁそれは時の流れ、トレンドとしてはそういうことなんだろうけど、だからってTwitterやインスタとかID持っていながらそれに流れてるとかいうこともまるでなくて、ゲームにかまけてるだけ、ということ。

まぁ、言い訳だけして、だけど・・・

今回は風台風ってことでいいのかな?

しかし、これだけ風が強い台風も久しぶりなような気がする。会社からの帰りにも、対向車線ではなんか看板っぽいものが飛び去って行きましたよ。

そんなこんななので、お気をつけくださいませ。気をつけても飛んでくるものは来ちゃうのでしょうけどね・・・。

さくらももこさん死去

53歳って、自分より若い人が逝くってわけなので、完全に他人事ではなくなっているのだな、とは思う。

年代が一緒なので、出てくるものが一つ一つ自分の記憶と重なるものでもあり、それが共感もすれば反発を呼ぶ(過ぎたるはなんとやらってね)ものでもあったんだけど、どちらにしろまだまだ逝くには早過ぎたのでは。

ご冥福をお祈り申し上げます。

季節の変わり目を感じること

四季のある場所に住んでいて、季節の移り変わりを知るというのは、重要なんだなぁと、コペンに乗ってて改めて思う。

雨が降らずに、それほど暑くならないこの時期、帰りはできるだけオープンにして見てるんだけど、アブラゼミばかりだった7月末から8月に入るとヒグラシが混じって、お盆を過ぎると秋の虫が賑やかになってくるとか、窓閉めてたらこんなにドラスティックには感じないかもしれないなぁと。

別にそういうことのためにコペンを買ったわけではないつもりだけど、そういうのを感じることが、精神の安定にも役立つんじゃなかろうか、なんて思いながら帰ってくるわけで。

バイクに乗ってた頃は、もう少しこういうのに敏感だったようにも思うし、外気に親しむのは必要なんだよねぇ。

何というか・・・

アルコール除菌に耐性を持つ菌が現れたとか何とか。

いや、こういうのを見るたびに思うんだけど、そのさ、受話器とかドアノブとか自動水栓とか使って、どれだけの人がそこから感染して病気になるんだろうか、って。誰か統計取ってるのだろうか。で、除菌したらそれがどれくらい減るのか減らないのか。自動水栓や乾燥機と自分の手持ちのハンカチとどれくらいの差があるかとか。結果自分のハンカチでも似たような結果になるんじゃないのかとか。では毎回除菌ティッシュを自分の手に使うのか、そしたら手肌の荒れと引き換えに雑菌から自分の身は守れるのかどうか。雑菌の中には有益なものもあるんだけどそれも討伐してしまったらどうなるのか。

除菌後、放置してたらどれくらいで手肌に菌は戻って来るのか来ないのか。手は普通に無意識に顔とか触るけど、それでどうなるの?結局過ぎたるは、みたいな感じがするんだけどな。

なんかね、キリがないというか正直何やってるんだろうって思う。そういう季節になったら自分も除菌スプレーとか使うので、偉そうなことは言えないのだけど、どうなんだろう、と疑問に思うくらいはいいのではないかと。

明日から休み

休みはありがたいことだとは思うんだけど、暑いので、会社にいたほうが涼しいかもしれないとかさ、邪なことも考えてしまうのよね。働き方改革に真っ向から対決とかじゃなく、別に仕事がしたい訳じゃないからね。

避暑をしたい、ただそれだけ。

これからが本番?

今日は、他社と会議の予定だったんだけど、台風が来るってことで延期になった。それ以外にも仕事は作っていたので、都内には行ったんだけど、雨も風も、午前中はそれほど強くならず。午後からはそれなりに強くなっては来たし、ザッと降っては弱くなりという台風ならではな感じではあったんだけど、まぁまだまだ「走り」って感じな状況で帰ってこれた。

動きが遅いのはやは高気圧が強いせいだろうか。今夜から明日にかけて、ということみたいなので、みなさん、十分注意してくださいね。

暑さはこれで一段落になるかな

台風13号が来るということで、期待はしてる。

ただ、またしても例年に通るコースでないのが気がかり。毎年「異常」とは言ってるような気もするけど、どんどんこれまでの常識が通用しないようになっている感じもする。

今日は昨日の続きという訳ではない、ということなんだけど、起承転結でも「転」ばっかりでは話にならないんだけどなぁ・・・。

ZOZOSUITを試す(1)

スーツって、デザインもそうだけど、体型に合うのってなかなかないんだよね。ということで、「自分にぴったりのサイズが来る」というだけで、ZOZOSUITは試すつもり満々だった。

申し込むと、採寸のためのスーツがやって来る。7月中旬に申し込んで、来たのは昨日。全身タイツと思いきや、上下に分かれていた。それを着て、ZOZOTOWNのアプリを立ち上げ、いくつか設定してからスマホを専用のスタンドに、外部カメラをこちらに向けて立て、こちらはベムスターかガイガンかって感じで立ち、時計回りに回りながら撮影されていく。一回転すると自分のサイズが表示される。う〜ん、最近運動してないことが丸わかりな体型だ(^◇^;)。それを送信して、あとはスーツが来るのを待つ。10月末とか言ってたので、来たら続きのレポートがあるってことで。

暑い日が続く

40℃に近い気温と高い湿度。濃霧注意報は出るが(茨城の話)降水はなく、強い日差しと蒸し暑さ。夜になっても風も吹かず、エアコンが文字通り生命線。そんな時代を僕らは生きている。

この前に40℃を記録したのは5年前という。それは僕が前の職場を退職した年。いろいろと思い出すものもある。今はおかげさまでなんとか働けているけど、気がつけば不満とか持ってたりするんだよね。無職のときには「働けるだけでもありがたい」なんて言っておきながら・・・。話がずれたね。でも、働けていることに、改めて感謝。

今年は、その時とも違って、熱波が長く続いているような気がする・・・と書いてから過去ログをひっくり返してみると、記憶なんて曖昧なもんで、2013年8月21日には「8月に入ってから雨らしい雨に会ってない」とか書かれている。・・・とすると、この流れ、次の冬は大雪とか言わないだろうね。そっちを今から気にしてても仕方ないが。こんな「記録」の意味でもこまめにエントリーする意味はあるのかも、と改めて思ったりするのだった。今年はここまで「暑い」とか一言もエントリーしてないことも考えると。

人気ブログランキングへ
Recent Comments
Archives
掲示板をひらく♪
掲示板を設置してみました。下のボタンを押すと開きます。
お試し広告


QRコード
QRコード
livedoor 天気
blogram
メッセージ