今回も書く気になるまで時間がかかってしまった。

レッドブルのスタート前の修理作業は確かにすごかったし、それで燃えなければホントじゃないってことでフェルスタッペンが2位に飛び込めたこともよかった。

が、「2位」である。ハミルトンには全然追いつく気配もなく、逆にボッタスには最後追い詰められた。先の敢えて言えば「パフォーマンス」が、「メルセデスには勝てない」という冷徹な事実を覆すに至らない。「レッドブルすげー」で終わらせてはいけないレース。それで考えさせられるわけだ。もう一つの対抗すべきチームであるフェラーリも元気がなく、また今回ルクレールよりもヴェッテルのほうが譲位に来たという事実もまたフェラーリの選択が本当にこれでよかったのかという疑問も突き付ける。

今週末、来週末はシルバーストン2連戦。ここで別の兆しが見えなければ、今年もメルセデス&ハミルトンに好きなようにやられるシーズン、ということになるわけだが・・・。