F1オーストリアGP DAZN観戦記

昨年までは無料で見られるサイトから、回線途切れに負けずに観戦してきたけど、コロナによって、レースの数自体が減少、しばらくは無観客などの状況を鑑みて、応援の気持ちも込めてDAZNと契約して観戦してみた。

結果として見逃し配信などで全セッション見ることができるなど、ネットTVならではのメリットもあったし、まぁしばらくはこのままでいいのかなと思う。

オーストラリアが開幕直前で停止となり、その後日本を含むいくつものGPが中止や延期と余儀なくされてきたところ、オーストリアで開幕することができたことに賛辞を贈りたい。この間、いろいろなことが起きた。通常であれば考えられない開幕前に来期のドライバーラインアップの変更とか、メインスポンサーの解約とか・・・。そんな困難を乗り越えて、開幕できたわけなので、あとはできる限りの戦いを。

始まってみれば、毎回のことながら、メルセデスは相変わらず強いぜ、になってしまう。開幕戦特有の妙なトラブルでサバイバルレースになってしまったわけだけど、それがなかったとしても、今回はボッタスだけど、一度もトップを譲ることなくフィニッシュしたわけだから。

対抗となるべく頑張ってきたホンダだけど、さすがに今シーズン最初のリタイヤがフェルスタッペンになるとか、想像していた人は少ないんじゃないか?3番手タイム、ハミルトンの予選降格(イエロー無視)でフロントローに並び、上位一人だけミディアムスタート、リタイヤどころか優勝を予想していた人も少なくなかっただろう。何やら電装系みたいな止まり方だけど、次はもう今週末なので、解決してくれることを期待するしかない。

アルボンも終盤追い上げていて、最後のSCでソフトにチェンジというギャンブルが半ば成功していたはずが、ハミルトンのパスでコンタクトあって後退からのリタイヤ。ハミルトンには5秒ペナでたけど、アルボンの失ったものを考えれば本来5秒程度では釣り合わない。そういうことは多いんだけどね。

で、その5秒のペナルティを十全に生かしたのがランド・ノリス(マクラーレン)怒涛の追い上げでハミルトンの5秒以内に寄せ、ポディウムゲットは見事。そして予選沈んだフェラーリのルクレールが終わってみれば2位。

完走(扱いも含む)は13台のみという、さっきも述べたけど開幕戦らしい荒れっぷりではあった。次もこのままレッドブルリンクで連戦。シュタイアーマルクGP、だっけ?そんな名称でのグランプリとなる。まぁ、さすがに今週の流れをもう一度ってことにはなるまいが(リタイヤは激減するはず)、メルセデス有利、は変わらないので、ボッタスが次戦も逃げるか、ハミルトンがそれにストップをかけるか。

今回の予選のような状況はが続くなら、フェラーリのもう一度のポディウムはなく、ミスがなければレッドブルはいい位置に来る・・・だろう。

JBL FLIP5

娘1がSONYのSRS-X1を水没させてしまった。5年使ったから、まぁまぁなのかなと思いつつ、防滴では水没には対抗できなかった。

代替えとして、僕が持ってるBOSEのSoundlink miniを進呈した。僕はと言えば、PAVEを風呂持ち込み用にしようかと思ってたんだけど、PAVE自体は周囲のネットにちょっと錆が出てるのに気が付いたため、風呂には持ち込めないなぁ、と。

そこで、そういう用途に限って、探すことにした。ひとつあるのは、別に風呂用にはステレオはいらないと割り切ったことかな。どうせ音が反射してステレオだろうが何だろうが関係ないもんね。で、表記の品に。

もちろん一本ではモノラルで、筒の反対側にパッシブラジエータが搭載されている。JBLと言えば、大型のモニタースピーカではもちろん定評があるんだけど、小さいほうはいかがなもんかとも思っていた。

実際購入してみての感想だけど、低音は十分出ている。Soundlink miniと比較するとややパワーは負けているし、低音としてはこもり感もちょっとみられる。が、中音域はこちらのほうが豊かで分解も優れていると思う。高音域についてもそん色はないかな。どちらかというとこちらのほうが温かみのある音が出ていると感じられる。

ま、BOSEはどうしても音に「加工された無理」感がそこはかとなく出る。でもその音のクリア感には一定のファンが付く。僕も嫌いではない。でも、「楽器の息吹」みたいなものは、JBLのほうが感じられるように思う。どちらがいいとかではなく、好みの問題。

パイオニアの呪縛が解けて以来、純粋に趣味としていろいろ試すことができるのは、自分の音探しの幅を確実に広げてると思うので、いろいろ楽しめてるかな。いまさらソニーやパナソに巻かれるつもりもないので、これはこれでいいのだ。

ちなみに、予告としてこの夏はもう一品、音関係のものを購入することが決まっている。待たされていたんだけどやっと発売日が決まった、というのがヒント。楽しみにしてる。

零の軌跡・改 終了

まぁ、Vitaでプレイ済みではあるので、シナリオについては思い出しながら。プレイ時間はやはり「閃」よりは短めだね。もっと苦労した記憶があるけど、逆にその記憶がプレイを用心させているのだろう。結局サクサクと進んだ。

で、さすがにケンとナナが出すぎ。それでありながら、クロフォード父・母は登場せず、そもそもベルハイムのクロフォード家の部屋はない、というか「閃」じゃ構造違うし(^_^;)。そこまで出すんならいっそユウナ出しちまえよと思う。

ま、この後「閃」をやるつもりなら、伏線つなぎにはなるとは思うけど、まさか「閃3」からやる人もいなかろうからなー。

シナリオとしては、僕は「空」よりも「閃」よりもこの「零・碧」が好き。固定のパーティ人数がちょうどいいのと、年齢構成もばらけていて、それぞれの過去が掘り下げられているのがね。空はメインになるのが二人だし、他にパーティインするメンツはいるけど、入れ替わりが多いので必ずしも掘り下げられているわけではないと思われ。閃はそもそも人数多すぎ。パーティ組むうえで結局強制出動でないとつかわないメンバーが複数現れてしまう・・・。

そんなわけで、このまま碧に突入します。

つくば市大砂のセブンのコロナは

当該店員の狂言だった・・・。

何なんでしょうかね、これ。「店をやめたかった」いや、「やめます」言えば済む話。店にうらみでもあったんか。いずれにせよ、周りの住民は一安心ってところで、そういう意味ではよかったと言っていいのだろう。

どうしたら

IMG_0907

こんな夕焼けになるのだろう?

茨城県つくば市大砂のセブンでコロナ感染

茨城県には報告がないので、感染者数(公式)には含めないのだそうだ。(茨城新聞の記事を、かいつまみ)

なんのこっちゃ、と思うけど、要は「正規の(何が「正規」なのかは置いて)手続きがないので、数に含めませんよ」ってことだと解釈。役所らしい言いぐさだよね。

自分の都合でカウントするしないと決めているわけだから、正確な数字など望むべくもない。この時点で「公式発表」とやらの数の信憑性も、それをもとにしたと思われる「ガイドライン」も失墜したと言わざるをえまい。

こんな手前勝手な理論で振り回される地元住民が一番困惑し、苦労するのだ。全然寄り添ってなんかいないよね。ちゃんとした情報を出すように指示あるいは要望した形跡もこの新聞記事からは読み取れないし。

アベノマスク

忘れたころに届くとは言うものの、本日ポストを覗いたら、いたんだよね、このマスク。

4月くらいに発表があって(調べたら4月1日だとか。エイプリルフールか、と誰もが思ったことだろう)、二ヶ月以上。今やちょっと高いとはいえ、マスクは普通に買える感じだし、夏に向けてもしないとまずいだろうなー、とか思うと、もはや普通のマスクじゃなくて「冷感マスク」を考えなければならない時期に、これですか?って感じ。確か前も言ったけど、うちの家族構成から考えれば全然足りないし、結局「何考えてるのかなぁ」という疑問は払拭されない。

これが今のマスク不足解消の役に立ったとも全然思えない、っていうか不足が解消してから来てるので時系列的にもおかしい。

さて、で、どうしようかなぁ、これ。マスクの形としてもなんともレトロな雰囲気だし、よほどのことがない限り使うということはなさそう。ホントどうしましょうかね。歴史遺産として保存しておく?

茨城空港の英語表記

一時期はどうなることかと思ったけど、ちゃんと「Ibaraki International Airport」で決着したので良かった。

最初の案ではあろうことかその前に「Tokyo」とか、コンプレックス丸出しの余計な一語が付いていて、情けないと思っていたのだけど、そういう意見が多かったのだろう、白紙に戻って何より。

名前が変わったからそれで飛行機が来るわけではない・・・とは思うけどね。

ウィリアムズ、売却へ?

今年のF1は異常なのは仕方ないけど、チーム存続の問題に発展した。

それがこの数年は不調をかこったと言えど、名門と言われたウィリアムズ。ROKITがメインのスポンサー契約を一戦も走らないうちに降りると発表があって、それは即時に発効、とのことで、今年ウィリアムズが参戦するとしても、カラーリングも変更しなければいけないという。ペイントだってただじゃないだろうし、ほんとに厳しい。

他にもルノーは大赤字だし(発表では続けると言ってるけど)メルセデスだって今年は撤退するという噂が絶えない(こちらも続けると発表しているが)。ホンダだって、今後どうなることか。フェラーリは、まぁフェラーリのFはフォーミュラのF、でないとねと言いつつ、こちらもバジェットキャップの件で揺らぎが見える。

結局、今年はすべてにおいて、何が起きるのかわからない、そういうことなんだけど、どんなスポーツにしても、それに関わる人にはどうにもならない。

再び仙台へ

この前は4月初旬だったのだけど、それと比べてあまり変わらない、新幹線の混雑具合だった。違うのは上野も仙台も、開いている売店がほとんどないこと(特にホーム)。あ、でも、ひとつの車両だけど、きっと団体利用なのだろう、30席くらいみっちり詰まっていて、そういうのも増えていくんだなぁと感じた。

常磐線は、というと、先週の倍くらいの入りで、マスクをしてない人もちらほら。先週は全員マスクをしていたのを見てるだけに、人が増えればマスクを持ってない人もいるだろうし、緊急事態宣言が解除になれば、そういう人たちもあるいは通勤、あるいは通学しなければいけない。制服の子たちも結構いたし、それでもやっていくしかないもんね。今年の受験生は大変だよね、って、自分の息子もそうなはずなのだが、あんまり緊張感ないのよね。条件は一緒、どれだけじぶんでやったかがすべて。ちゃんと行きたいところに行ければいいとは思う。

人気ブログランキングへ
Recent Comments
Archives
掲示板をひらく♪
掲示板を設置してみました。下のボタンを押すと開きます。
お試し広告


QRコード
QRコード
livedoor 天気
blogram
メッセージ